提言と意見

[解決策]

トライアスロン会場の水質問題の解決策

[提言]

1.運河に直接流れ込む下水処理水の放流口をできるだけ沖に移動させる。(短期的解決)

(理由)

  • 下水の最後の処理で消毒されていて、放流水にその匂いが残り、運河周辺が人々の憩いの場となる快適な環境となっていません。
  • 下水処理場の放流口の周辺の住民にとって、雨の後、充分に処理されない水が放流されることにより、住環境の悪化を招いています。
  • 例えば、古川と目黒川の河口を比べると、目黒川の河口の方が水質が悪く、これは芝浦下水処理場の影響と考えられます。放流口を沖に移動すれば、天王洲周辺の運河の環境はすぐに改善されます。
  • 少しでも湾口に近い所で処理水を放流すれば、それだけ処理水が湾内に留まる時間が短縮され、環境負荷の低減につながります。
  • 高度処理水を海底で放流すれば、夏季底層の低酸素状態の改善や、ちょうど海底の湧水のように豊かな漁場となる効果が期待できます。
  • 東京湾に流れ込む河川水により、東京湾の水は少しずつ常に押し流されています。水質が改善された河川水がそそぎ込みことにより、東京湾奥など限られた範囲では大幅な水質改善が期待できます。

2.直接エアレーションするなど、運河の水質や底質を改善する。(短期的解決)

(理由)

  • 下水処理場の放流口がある品川の高浜運河を見ると、黒い箱にその日により黒や透明度の高い水が入っている状態で、いつも真っ黒に見えます。快適な環境を生むためには、底質の改善が欠かせません。
  • 下水処理場で最後に行われる消毒がなければ、高浜運河は悪臭に包まれてしまいます。でも、その処理は微生物による分解を抑制し、健全な生態系の機能を低下させ底質の環境を悪化させています。放流口がそこにある限り、より生態系に健全で、また、住環境も悪化させない対策が求められます。
  • 雨の後、充分に処理されない水が放流され、運河全体の環境負荷になっています。
  • 大田区の内川では直接エアレーションをして、悪臭を抑制し透明度も高くなっています。他の運河でも同様の効果が期待できます。

 

3.処理場を分散し、上流から流域全体で処理水を農作物や植生などに有効利用する。(長期的解決)

(理由)

  • 少し前まで、肥溜めから畑に肥料を撒いていました。栄養の豊富な処理水を肥料として活用すれば物質循環社会の実現に近づきます。その際、工場排水は混ぜないなどの工夫が求められます。

4.倉庫に使用されている土地を干潟や砂浜にする。(長期的解決)

(理由)

  • 経済活動が製造からサービスに質を転換し、東京から地方に分散される過程で、東京港の規模を縮小する余地が生まれます。
  • 干潟には、高い水質の浄化作用が期待でき、また多くの生物が集まり、自然豊かな東京湾に近づきます。
  • 都心から歩いていける所にリラックスできる砂浜があれば、皆が楽しめます。

[意見]

1.東京都下水道事業経営計画2016に関して

合流式下水道の改善の取り組みとして降雨初期の特に汚れた下水を貯留する施設114万m3を整備するとしていますが、建設と維持のコスト、そして将来の安全性考慮して地下に巨大な施設を作るのではなく、地上に自然の再生を考慮した施設を作る方が良い。

 

[これまでの提案、発表]

「2020年に向けた実行プラン(仮称)」への意見・アイデア(2016年11月)

東京湾大感謝祭2016(発表)(2016年10月)

Tokyo 2020 (提案)(2016年2月)

 

We have a dream!
為せば成る 為さねば成らぬ何事も

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892