定款

一般社団法人ブルー東京湾定款

 

第1章 総則

(名称)
第1条 当法人は、一般社団法人ブルー東京湾と称する。
2 当法人の英語名称は、Blue Tokyo Bay(略称BTB)とする。

(主たる事務所)
第2条 当法人は、主たる事務所を東京都港区に置く。

 

第2章 目的及び事業

(目的)
第3条 当法人は、東京湾等の閉鎖性水域及びこれに関連する環境の改善を促進し、明るく希望に満ちた社会の構築に貢献することを目的とする。

(事業)
第4条 当法人は、前条の目的に資するため、次の事業を行う。

(1)東京湾等の閉鎖性水域及びこれに関連する環境に関する調査及び研究
(2)地域住民、企業、行政機関等とこれらの機関等と関連する利害関係者間の対話を促進する活動
(3)その他当法人の目的達成のために必要な事業

(公告の方法)
第5条 当法人の公告は、電子公告による。
2 事故その他やむを得ない事由によって前項の電子公告によることができない場合は、官報に掲載する方法により行う。

 

第3章 社員

(入社)
第6条 当法人の目的に賛同し、入社した者を社員とする。
2 社員となるには、当法人所定の様式による申込みをし、代表理事の承認を得るものとする。

(退社)
第7条 社員はいつでも退社することができる。

(除名)
第8条 当法人の社員が、当法人の名誉を毀損し、若しくは当法人の目的に反する行為をするなど除名すべき正当な事由があるときは、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)第49条第2項に定める社員総会の決議によりその社員を除名することができる。

(社員の資格喪失)
第9条 社員が次の各号のいずれかに該当する場合には、その資格を喪失する。

(1)退社したとき。
(2)成年被後見人又は被保佐人になったとき。
(3)死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は解散したとき。
(4)除名されたとき。
(5)総社員の同意があったとき。

 

第4章 社員総会

(開催)
第10条 定時社員総会は、毎事業年度終了日から3ヶ月以内にこれを開催し、臨時社員総会は、必要がある場合に開催する。

(招集)
第11条 社員総会は、理事の過半数の決定に基づき代表理事が招集する。
2 社員総会の招集通知は、会日より1週間前までに社員に対して発する。

(決議の方法)
第12条 社員総会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した当該社員の議決の過半数をもって行う。

(議決権)
第13条 社員は、各1個の議決権を有する。

(議長)
第14条 社員総会の議長は、代表理事がこれに当たる。代表理事がやむを得ない事由により出席することができない場合は、当該社員総会において議長を選出する。

(議事録)
第15条 社員総会の議事については、法令の定めるところにより議事録を作成し、議長及び出席した理事がこれに署名又は記名押印する。

第5章 役員

(役員及び選任)
第16条 当法人に、理事2名を置く。
2 理事のうち1名を代表理事とし、理事の互選により定める。

(任期)
第17条 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会の終結までとする。ただし、再任を妨げない。
2 任期の満了前に退任した理事の補欠として選任された理事の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とする。

(理事の職務及び権限)
第18条 理事は、法令及びこの定款が定めるところにより、その職務を執行する。
2 代表理事は、当法人を代表し、その業務を統括する。

(解任)
第19条 理事は、社員総会の決議によって解任することができる。

(報酬等)
第20条 理事の報酬、賞与その他の職務執行の対価として当法人から受ける財産上の利益は、社員総会の決議によって定める。

 

第6章 計算及び清算

(事業年度)
第21条 当法人の事業年度は、毎年10月1日から翌年9月30日までの年1期とする。

(事業計画及び収支予算)
第22条 当法人の事業計画及び収支予算については、毎事業年度開始日の前日までに代表理事が作成し、直近の社員総会において承認を受けるものとする。これを変更する場合も、同様とする。

(剰余金の不分配)
第23条 当法人は、剰余金の分配を行わない。

(残余財産の帰属)
第24条 当法人が清算をする場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て、国若しくは地方公共団体又は他の公益法人に贈与する。

 

We have a dream!