3 Dec 2016, Sat 目黒川から新芝運河へ

From Osaki to Tamachi

9:00 よく晴れて清々しい朝です。目黒川の大崎駅付近の御成橋公園からスタートです。

 

img_4268

 

 

 

 

水は下流に向けてゆっくりと流れています。水は黒に近い灰色で汚れているように見えます。

 

img_4292

 

 

 

 

渡り鳥のホシハジロを見かけました。

 

img_4314

 

 

 

 

寂しいオオバン…

 

img_4349

 

 

 

 

運河に入って芝浦水再生センター放流口に大型のボラの大群!コ、コワイ位です。夏は稚魚だったのが大きく育っていました。

 

img_4367

 

 

 

 

田町駅から東に向かった所にあるカニ護岸、カニは見かけませんでした…

 

img_4378

 

 

 

 

田町駅近くの藻塩橋に到着です。11:00

(今日のまとめ)
昨日、目黒川を目黒駅より上流で見たとき、灰色で汚い感じでした。今日も御成橋からずうっと汚れている感じで、今まで見た中で一番汚れている印象です。上流から汚れている感じなので、落合水再生センターから送水されている再生水が汚いのではないかと想像します。
夏、見かけた昆虫たちは全く姿を見せず、代わりに渡り鳥を多く見かけました。季節により見かける生き物が違います。
目黒川河口の橋の上でオオバンが車に轢かれていました。オオバンはつがいで見かけることが多く、すぐ近くの川の水面に一匹のオオバンを見かけました(上の写真)。死んだオオバンのつがいなのだと思います。
カニ護岸ではカニを見かけませんでした。季節も関係すると思いますが、もし、あまりカニがいないのであれば植物を植えた方が良いと思います。以前、隅田川の葦の植生や近くの旧芝離宮の護岸で多くのカニを見かけました。それでもカニが増えなければ水再生センターで放流する前に行われている消毒の悪影響ではないかと感じます。

見かけた生き物:
ボラ
ホシハジロオオバンキンクロハジロ?、コガモハクセキレイ

17 Sep 2016, Sat 目黒川から竹芝桟橋

(AM11:00)晴れ、やや曇り、少し暑いです。ちょうど干潮のようで水底までよく見えます。目黒川を大崎駅あたりから下流に向けて歩き始めます。

 

img_2523

 

 

 

 

水の色は、うすい透明感のあるういろう色。よく黒いコゲのようなものが流れていることがあって、今日はそれが多いです。

 

img_2575

 

 

 

 

ほぼ河口まで、透明感があってきれいな感じ。運河との合流点では、目黒川側は茶色がかったういろう色、運河側は濃い灰色。

 

img_2579

 

 

 

 

水門のあたりは透明感のある黒色です。

 

img_2608

 

 

 

 

御楯橋あたりでは、汚れてる感じで透明度も低く、新港南橋の処理場の放流口では茶色がかった灰色で、汚く少し臭い。普段は、よく小魚の大群が放流口に群がっているけど、今日は運河の中央に移動して、水面のあちらこちらで跳ねている。

 

img_2657

 

 

 

 

この辺りで一番きれいな香取橋でも、今日は茶色がかった灰色。

 

img_2680

 

 

 

 

結局、古川河口の浜崎橋まで灰色でした。

 

img_2691

 

 

 

 

竹芝桟橋から見る水の色は、割ときれいでした。(14:30)

 

(今日のまとめ)

今日は、干潮から潮が満ちる時間帯で、水底の様子をよく観察できると期待したのですが、目黒川以外、高浜運河や新芝運河では処理場からの水が流れ込んでいて汚れているように見えました。

処理場からの放流されている水は、以前、見学した時に見た処理される前の水のような感じで、ほとんど何もされずに放流されているようにも見えました。

理由を考えると、昨日(16日)のお昼頃に大雨が降り、処理能力をはるかに超えた水が流れ込んだのではないかと思います。

これから激しい雨が多くなり、その度に運河全体が汚されてしまうのでは快適な環境には成り得ません。下水と雨水の合流方式は改善が求められると思いました。

よく見かけてたトンボやチョウが少なくなってきました。今日で、高浜運河(品川)、新芝運河(田町~浜松町)は卒業して、次は別の場所を歩こうと思います。

見かけた生き物:
・ボラ、小魚の群れ、クラゲ
・カモ、カモメ、ウ、セキレイ、サギ
・クロスジギンヤンマ、ウスバキトンボ、シオカラトンボ、モンシロチョウ、?シジミ(チョウ)、アオスジアゲハ、アシナガバチ、ヒメクロホウジャク
(※昆虫は、国立科学博物館、自然教育園の生物データベース参照)

10 Sep 2016, Sat 目黒川から竹芝桟橋

(AM11:00)今日も晴れ、日差しは強いけど爽やかな感じです。大崎駅を降りて目黒川沿いを御成橋から歩き始めます。水の色は、緑色の濃いういろう色、満潮の時間らしく、水深が深く、水の流れがありません。

 

thumb_img_2220_1024

 

 

 

 

居木橋、水の色は濃いういろう色、ギンヤンマを多く見かけます。タンデム飛行で産卵してました。

 

thumb_img_2229_1024

 

 

 

 

東海橋、水の色は遡って来た運河の水の影響で濃い灰色。

 

thumb_img_2245_1024

 

 

 

 

目黒川河口から運河に入る水門横、水の色はいつも真っ黒です。

 

thumb_img_2291_1024

 

 

 

 

田町近くの藻塩橋、新芝運河も今日は下水処理場の処理水の色です。

 

thumb_img_2298_1024

 

 

 

 

霞橋、小魚の群れの近くでサギが狙っていました。

 

thumb_img_2344_1024

 

 

 

 

古川河口から見た東京湾、今日は普段通りあまり水がきれいには見えませんでした。

 

thumb_img_2350_1024

 

 

 

 

隅田川の水の色も東京湾と同じです。(PM2:30)

 

(今日のまとめ)

今日は、潮が満ちていて水の中の様子はあまり見れませんでした。満潮だと下水処理場から放流された水がどんどん供給され、運河一体から目黒川を遡るまで黒っぽい水で満たされていました。
目黒川から新芝運河まで多く見かけたギンヤンマが産卵シーズンで、タンデム飛行を一匹だけのオスが追いかけてたり、ギンヤンマも大変そう。目黒川に産まれた卵は、無事トンボになるまで成長できるのか気になりました。蝶も沢山見かけ、アサギマダラらしき蝶を見かけました。これから南国へ渡りの旅に出るのか?
古川河口から東京湾を見ると、あまりきれいな水には見えませんでした。隅田川も同じような色だったので、汚れた水が満潮で遡って来たのか、注ぎ込む隅田川の水が汚れているのか、これから観察して行きたいです。

見かけた生き物:
・ボラ、小魚の群れ、クラゲ、メダカぐらいの大きさの稚魚
・サギ、スズメ
・ギンヤンマ、イトトンボ、ウスバキトンボ、アサギマダラ(?)、ツマグロヒョウモン(?)、キアゲハ、アオスジアゲハ、アシナガバチ、ヒメクロホウジャク
(※昆虫は、国立科学博物館、自然教育園の生物データベース参照)