27 Nov 2016, Sun 江戸前干潟研究学校@行徳鳥獣保護区

Tidal Wetland Study @ Gyotoku Bird Observatory

今年最後の江戸前干潟学校に参加しました。天気は曇りで、心配していた雨にも降られず、風もなく、それほど寒くないです。ちょうど干潮の時間帯でした。

 

img_4060

 

 

 

 

塩分濃度が違う5箇所に仕掛けてある網を引き上げます。何が入っているのか??

 

img_4063

 

 

 

 

マハゼ!この時期、繁殖に成功したオスは沖の巣穴で餓死するまで子供を守るそうです。網に掛かるのはメス、または、あぶれたオスとのことです。

 

img_4085

 

 

 

 

カタクチイワシ!

 

img_4096

 

 

 

 

サンプル採集が終わって塩分測定、子供たちも興味しんしんです。

 

img_4109

 

 

 

 

皆んなで集計しました。

(今日のまとめ)
前回はニクハゼが沢山入ってたのですが、今回はシラタエビが大量に取れました。ニクハゼがあまり獲れなかった理由を聞くと「どこかに行ってしまったのでしょう」とのこと。科学の発達した世の中、何でも分かるような気がしているけど、海の中のことや生き物のことは分かっていないことの方が断然多く、自然に影響することを何か判断するときは、分からないことが多いという前提を忘れない必要があると思いました。江戸前干潟学校は来年は4月からまた開校されるとのことです。

江戸前干潟研究学校
○毎月1回開催予定(次回は2017年4月予定) 半日のみの参加OK
○雨天決行(台風等荒天中止)
○持物:長靴・軍手・筆記用具 帽子・タオル・飲料 昼食 雨具

○基本スケジュール(天候等により変更もあり)
10時観察舎玄関前集合 14時半頃解散(昼で退出可)
午前:保護区の池や水路で生き物探し、前日に仕掛けた網を回収し、かかっていた生物を採集
昼:休憩(観察舎前芝生)・昼食
午後:持ち帰った生き物調べとまとめ

各種問い合わせ:
行徳野鳥観察舎 047-397-9046
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

Web:http://gyotokubird.wixsite.com/npofgbo
FB:https://www.facebook.com/npoFGBO
観察舎ブログ:http://suzugamo.seesaa.net/

 

ps: 保護区内では、色とりどりの実がなり、紅葉していました。カニも寒さで動きが遅く、秋を感じた一日でした。

img_4087img_4095

6 Nov 2016, Sun 三番瀬

今日は、東京湾奥の干潟の三番瀬を訪れました。京葉線の二俣新町駅から海に向かって歩いて30分、天気も良くとても穏やかです。

 

img_3442

 

 

 

 

以前、市川塩浜駅から塩浜に行った時は、アクセスが悪く、干潟に降りられなかったのですが、今日は無事に干潟に来れました。

 

img_3454

 

 

 

 

東京湾奥でも水は驚くほど綺麗に見えます。

 

img_3472

 

 

 

 

干潟の野鳥のチドリが群れで餌を食べていました。

 

img_3479

 

 

 

 

同じくシギは一羽だけ見かけました。鳴き声が特徴的でした。

 

img_3482

 

 

 

 

砂の模様、良く2台のエレベーターが同時に上がったり下がったりするのと模様ができるメカニズムは通じる所がある気がします。

 

img_3506

 

 

 

 

チドリが時折群れで飛んでいました。

(今日のまとめ)

干潟では、ヤドカリを多く見かけ、水の中で結構素早く移動してました。少し掘るとアサリがいます。水は透明度が高く、干潟の浄化機能を感じました。水質が悪くなる夏はどうなるのか気になりました。シギとチドリなどの干潟の野鳥にとって、ここが本当に大切な場所であると感じました。

30 Oct 2016, Sun 行徳鳥獣保護区

野鳥の楽園として知られる東西線南行徳駅から歩いて25分にある行徳鳥獣保護区(千葉県市川市)に行ってきました。

img_3263

 

 

 

 

野鳥観察舎友の会が毎週行っている定例園内観察会と東京湾の生物と言えばの風呂田先生とこちらで活動をされている野長瀬さんの江戸前干潟研究学校の共催です。

img_3276

 

 

 

 

img_3286

 

 

 

 

この保護区では排水を利用して真水が流れ込んでいます。塩分濃度が異なる5箇所で、前日に仕掛けた網を引き上げます。

img_3291

 

 

 

 

カニ、エビ、ハゼ、スズキなど仕掛けに入ってました。場所ごとにサンプルを採集します。期待していたウナギはかかっていませんでした。

img_3307

 

 

 

 

干潟には沢山のカニがいました。窪みはアカエイがカニを食べた跡とのことです。

img_3318

 

 

 

 

塩分濃度が東京湾とほぼ同じ百合が浜沖で取れたサンプル。大きいのがマハゼで小さいのがニクハゼです。まさかこれは数えないだろうとノンビリしていいたら、数え始めました!まず、50匹数えて山にして、その大きさぐらいの山を作って数えていきます。サバ読みならぬハゼ読み!3500匹ほどのニクハゼでした。

(今日のまとめ)

塩分濃度の違いなど、異なる環境では異なる生物が住んでいて、生き物を再生させるには、生き物がすむ空間を作ることが大事であることを学びました。
教科書で『里海』という言葉を見てもよく分からなかったのですが、ここを訪れて、人が手を入れて多様な環境を作ることによって、多様な生物が住むことができるのだと実感しました。
それにしてもニクハゼを数えている時は手が濡れ冷たくかじかんで、生物調査は甘くない!というのがわかりました。次は防寒対策をちゃんとしてまた来ます。

江戸前干潟研究学校
○毎月1回開催予定(次回は2017年4月予定) 半日のみの参加OK
○雨天決行(台風等荒天中止)
○持物:長靴・軍手・筆記用具 帽子・タオル・飲料 昼食 雨具

○基本スケジュール(天候等により変更もあり)
10時観察舎玄関前集合 14時半頃解散(昼で退出可)
午前:保護区の池や水路で生き物探し、前日に仕掛けた網を回収し、かかっていた生物を採集
昼:休憩(観察舎前芝生)・昼食
午後:持ち帰った生き物調べとまとめ

各種問い合わせ:
行徳野鳥観察舎 047-397-9046
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

Web:http://gyotokubird.wixsite.com/npofgbo
FB:https://www.facebook.com/npoFGBO
観察舎ブログ:http://suzugamo.seesaa.net/