1 Oct 2016, Sat 駒形橋〜千住汐入大橋

(9:30) くもり、少し涼しいです。9月から厳しい残暑もなく、雨の日が梅雨より多い感じです。

 

img_2802

 

 

 

 

浅草の駒形橋から出発します。引き潮の時間帯らしく、海に向けて川が流れています。水色は濁ったういろう色で、晴れてないので暗く見えます。

 

img_2832

 

 

 

 

桜橋の下にある汐が入るの植生、こんなに小さいけれど近よると数匹のハゼがサッと隠れて、大事な生息の場になってました。レジリアンス!
川の水の色が遡るにつれ灰色っぽくなり、下水処理場の処理水の色になってきました。

 

img_2852

 

 

 

 

汐を導き入れるサンクチュアリー、アオサギやカワセミを見かけました。

 

img_2866

 

 

 

 

汐が入り、干潟が広がり、葦が生い茂っています。このようば場所が広がれば、生き物が豊かになると思います。

 

img_2875

 

 

 

 

旧堤防の切れ端と土でできたスーパー堤防、手前に葦が生えています。河川インフラの改善が一目で分かります。

 

img_2881

 

 

 

 

ザブーン、ザブーンと音がするので船でも通ったのかと振り向いたら何もなく、満潮に向けて潮が昇り始めたようでした。(12:00)

(今日のまとめ)

駒形橋辺りではまだきれいに思えた水質も、遡るに連れて灰色っぽくなり、桜橋の周辺では処理水の匂いもして、処理場の放流水の影響が感じられました。地図で見るとやはり、三河島水再生センターが少し上流にあります。
今日歩いた区間では、河川における環境改善の取り組みを教科書のように知ることができました。多くの場所で汐を導き入れ、そこに葦などの植物を植え、カニやハゼなどが生息している。その取り組みは素晴らしいと思いますが、処理場からの負荷の量と比較すると、いたる所でヘドロ化し環境改善は達成されてないように見えました。処理場からの負荷の量に合う取り組みが求められると思います。
めっきり涼しくなって、昆虫はほとんど見かけませんでした。

 

見かけた生き物:
・ハゼ、クロベンケイガニ、カメ
・カワウ、アオサギ、カワセミ、シロサギ、セキレイ、カルガモ

25 Sep 2016, Sun 勝鬨橋から駒形橋

(PM 0:30)今日は、本当に久しぶりの晴れ、隅田川河口に位置する築地でお寿司を食べてから、上流に向けてレッツゴー!

 

img_2707

 

 

 

 

勝鬨橋からスタート、潮位は満潮近い感じで、川の水は最近の雨の影響で緑と青と灰色を混ぜたような色、汚い感じはしません。

 

 

img_2729

 

 

 

 

ボラの稚魚らしき群れが永遠と続いて上流に向けて泳いでいます。たまに色が変わってて病気みたいなのも見かけます。

 

 

img_2762

 

 

 

 

小さいけれど汐入公園。

 

 

img_2771

 

 

 

 

神田川との合流点、上に高速がないので開放感があります。

 

 

img_2787

 

 

 

 

3時間歩いて上野駅を東に進むとある駒形橋まで着きました。結局水の色は最後まであまり変わらなかった印象です。(PM 3:30)

 

(今日のまとめ)

隅田川を遡って、川の水と海の水がどのあたりで混ざるのか?また、水を汚している原因はどこにあるか、確かめるために歩きました。これまで歩いていた目黒川のようには、川の水と海の水の境は全く分かりませんでした。駒形橋の一つ手前の厩橋の橋桁に満潮の跡でフジツボが付いていたので、汐の影響がありそうです。長雨の影響で上流から水が多く流れていて、湾奥全体がきれいになり、その水が遡って来てきれいに見えたのだと思います。

下流にある運河は、干満の水位差を利用して水門を開閉をすれば、そこに流れが生まれて、水質を改善できると思いました。

見かけた生き物:
・ボラ、小魚の群れ、
・カモメ
・?シジミ(チョウ)、アオスジアゲハ、イチモンジセセリ、アメリカミズアブ
(※昆虫は、主に国立科学博物館、自然教育園の生物データベース参照)

 

PS:出発前に食べたお寿司屋は、周りに行列になっているお店がいくつもある中、お昼時一人も客がいない所だったのですが、今までに食べたことがないほどの美味しさでした!行列のできる店はただ宣伝がうまいのかなと思いました。築地に来たらまた行きます!!

img_2704