27 Nov 2016, Sun 江戸前干潟研究学校@行徳鳥獣保護区

Tidal Wetland Study @ Gyotoku Bird Observatory

今年最後の江戸前干潟学校に参加しました。天気は曇りで、心配していた雨にも降られず、風もなく、それほど寒くないです。ちょうど干潮の時間帯でした。

 

img_4060

 

 

 

 

塩分濃度が違う5箇所に仕掛けてある網を引き上げます。何が入っているのか??

 

img_4063

 

 

 

 

マハゼ!この時期、繁殖に成功したオスは沖の巣穴で餓死するまで子供を守るそうです。網に掛かるのはメス、または、あぶれたオスとのことです。

 

img_4085

 

 

 

 

カタクチイワシ!

 

img_4096

 

 

 

 

サンプル採集が終わって塩分測定、子供たちも興味しんしんです。

 

img_4109

 

 

 

 

皆んなで集計しました。

(今日のまとめ)
前回はニクハゼが沢山入ってたのですが、今回はシラタエビが大量に取れました。ニクハゼがあまり獲れなかった理由を聞くと「どこかに行ってしまったのでしょう」とのこと。科学の発達した世の中、何でも分かるような気がしているけど、海の中のことや生き物のことは分かっていないことの方が断然多く、自然に影響することを何か判断するときは、分からないことが多いという前提を忘れない必要があると思いました。江戸前干潟学校は来年は4月からまた開校されるとのことです。

江戸前干潟研究学校
○毎月1回開催予定(次回は2017年4月予定) 半日のみの参加OK
○雨天決行(台風等荒天中止)
○持物:長靴・軍手・筆記用具 帽子・タオル・飲料 昼食 雨具

○基本スケジュール(天候等により変更もあり)
10時観察舎玄関前集合 14時半頃解散(昼で退出可)
午前:保護区の池や水路で生き物探し、前日に仕掛けた網を回収し、かかっていた生物を採集
昼:休憩(観察舎前芝生)・昼食
午後:持ち帰った生き物調べとまとめ

各種問い合わせ:
行徳野鳥観察舎 047-397-9046
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

Web:http://gyotokubird.wixsite.com/npofgbo
FB:https://www.facebook.com/npoFGBO
観察舎ブログ:http://suzugamo.seesaa.net/

 

ps: 保護区内では、色とりどりの実がなり、紅葉していました。カニも寒さで動きが遅く、秋を感じた一日でした。

img_4087img_4095

24 Nov 2016, Thu 「2020年に向けた実行プラン」へ意見・アイデア提出

Opinion to the office of the Governor for Policy Planning of the Tokyo Metropolitan government

小池知事になり東京都政策企画局より募集している「2020年に向けた実行プラン(仮称)」の策定に向けての意見・アイデアを提出しました(締め切り11月25日)。以下、その内容です。

「2020年に向けた実行プラン(仮称)」への意見・アイデア

・年齢:40歳代 ・住まいの地域:都内区部 ・性別:男
・意見・アイデア該当箇所:

✳︎「スマート シティ」(資料P12~P15)の主要政策の方向性について

世界の中で輝き続ける東京を実現するために、劇的な改善が期待できる場所は”東京湾”と考えます。「快適な都市環境の創出」にある「河川・運河の水質改善の更なる改善」を低予算で短期間に実現する方法として、芝浦水再生センターの放流口をトライアスロン会場のお台場よりも沖に移動することを提案します。

砂町水再生センターのある夢の島マリーナと芝浦水再生センターのある天王洲周辺の運河の水の色を比較すると夢の島マリーナでは青緑色、天王洲周辺では黒色で、夢の島マリーナの方が快適に見えます。この違いの要因の一つに水の交換率があると推測します。水再生センターの放流口を、水の流れを考慮し、可能な限り沖に設置すれば、その分だけ運河や沿岸の負荷は低減されます。

そして、運河や河川の機能を舟運や治水だけでなく環境改善としても捉え直し、そこに水生植物を蘇らせ健全な生態系を回復して、東京湾奥の水質の大幅な改善を実現するとともに、快適な環境でトライアスロン競技が実施されることを期待します。

✳︎「セーフ シティ」(資料P5~P7)の主要政策の方向性について

「豪雨・土砂災害対策」「大雨が降っても、あふれない・くずれない」とあり、都は雨水の地下貯留施設の整備を進めています。しかし、その建設コストは高く、先日の博多の道路陥没事故を見ても、将来施設が老朽化した際に同様の事故が起こりうる負の遺産となる可能性があります。

浸水対策は、このような懸念がある地下貯留施設という単機能のインフラではなく、豪雨の際はそこに雨が流れ込めるように低地に湿地のある公園を整備し、生物の生息環境の復元と防災機能を兼ね備えた公園の整備を提案します。

また、河川においては、その主な機能が治水と捉えられているために、本来、日々の安らぎを生む憩いの場であるはずが、人々が親しみやすいとは言えない状態の所が多くあります。例えば、潮の満ち引きの影響を受ける河口付近では、植生があっても水の流れへの影響は小さいと推測されます。植生があれば、水鳥などの生物が多く集まります。浸水から都民の財産を守ることも大切ですが、毎日の暮らしの中で自然を身近に感じられることも、豊かな生活に繋がると考えます。

✳︎「東京の理想の姿」「未来の生活像」(資料P17について)

「Beyond2020」「東京2020大会の成功とレガシーの継承」として、多くの人がハワイでなく、湘南でなく、気軽に泳ぎに行きたくなるような東京湾と、川辺や公園で身近に自然と触れ合える都市に生まれ変わっていることを期待します。

22 Nov 2016, Tue 都議会 環境・建設委員会(環境局)傍聴

Attending Tokyo Metropolitan Assembly

今日は、東京都議会の環境・建設委員会(環境局)の傍聴に来ました。環境・建設委員会は2回目なので少し慣れて来ました。質問する委員14人(女性5人)に答える都幹部は16人(女性1人)に後方に控える職員を合わせると都職員は37人(女性6人)です。

img_4023

 

 

 

 

13時から始まり、18時まで傍聴しました。その間に12人の委員が質問など発言があり、複数の委員から質問があった内容は以下になります。

地球温暖化対策(10人)
環境学習や環境教育(3人)
食品ロス(2人)
都市鉱山とリサイクル(2人)

1人の委員から質問された内容は、以下の通りです。

豊洲土壌汚染と環境アセスメント、在来種などの生物多様性、森林保全、アスベスト対策、地下水対策、PCB廃棄物、古紙の持ち去り、カラス対策、産業廃棄物の不法投棄、自然公園、災害避難所、開発と保全について、環境施策、野生鳥獣(イノシシ)による被害、東京熱供給(株)と局長OBの給与

パリ協定の後、地球温暖化対策の関心の高さを感じました。特に水素社会の構築に力を入れているようです。都幹部の天下り先の東京熱供給(株)の役員報酬などの耳の痛い質問は他の委員からヤジが飛んだりして質問しづらい空気にさせられていました。以前専門家から、環境アセスは十分でなく、また、地域冷暖房の導入が遅れていると聞いたのですが、答弁ではかなりされているとのことでした。この認識のズレがどのように生じたのかが気になります。委員の方々の発言は最新の動向を踏まえたものと感じましたが、建設局の時と比べると熱意は感じませんでした。生物多様性や環境の再生などの意見は少なく、残念でした。

社会を変えるためには、やはり予算と人事だと感じます。建設局から環境局に人を異動して、工事ではなく自然公園の維持や管理に予算をつけて欲しいです。福祉の予算ばかり増えてもどこか健全でないから病院で不可解な事件が起こるのではないでしょうか。

東京都の予算を見ると、巨額です。平成27年度決算は、歳入7兆1,863億円、歳出6兆9,347億円、28年度予算要求の局別内訳上位5区分は以下の通りです。

福祉保健局 1兆867億円
教育庁 8072億円
警視庁 6543億円
建設局 6040億円
産業労働局 4728億円

そして、環境局は443億円でした。